健康保険組合の皆様へ

特定保健指導(いわゆるメタボ健診指導)の導入

2008年4月からメタボリックシンドロームを対象とした健診と該当者への指導が始まります。

健康日本21が2000年に始まり、
その中間報告が2005年にとりまとめられましたが、
国民の健康状態は大変危惧される状況になっていることが判明しました。

そこで厚生労働省は新たに生活習慣病、
中でもメタボリックシンドロームを対象とした撲滅プログラムを企画しました。

各健康保健組合はメタボリックシンドロームに対応する健診項目を通常健診に盛り込むことや、
該当者へきちんとした保健指導を行うこと、
被保険者本人だけでなく、その家族の健診率の増加などが義務づけられました。

かなり厳しい内容で各健康保健組合もその取り組みに苦慮しております。